上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「利島のイルカを知って頂く会」のご報告をさせて頂きます。

2013年3月16日(土)13:00~14:30、東京都利島村 勤労福祉会館に於いて、「利島のイルカを知って頂く会」が開かれました。
この会は、利島村在住者の方々に、利島の周辺海域に棲みついている16頭のイルカをより知って頂くことと、イルカの保護を呼びかけることを目的とし開催されました。当日は年度末のお忙しい中、40名近い方々にご参加頂きました。

発起人:坂野正人氏
1月31日に開かれたドルフィンスイム船の船長会議で、坂野正人氏より提案され、船長全員の同意を得て準備が進められました。

主催:「利島ドルフィンプロジェクト」
利島村に於いて、藤井雅彦氏、笹原史雄氏により、口コミや村内放送にて、村民の皆様へ呼びかけを致しました。

プログラム:
1、藤井雅彦氏  開会の挨拶
2、梅田和久村長 (利島ドルフィンプロジェクト代表) 挨拶
3、坂野正人氏 ビデオ&お話 「イルカの基礎知識」
4、東 治彦氏 ゲスト講演「利島のイルカ16頭の紹介」
5、質疑応答

概要: 
藤井雅彦氏 挨拶:
本日はお集まり頂きありがとうございます。私は18年前、利島にイルカが棲みついた当初からイルカに携わり、同時にイルカの保護を呼びかけてきました。その間、一隻でドルフィンスイムをやってきたのですが、一昨年から一隻増え、今年更にもう一隻増えることもあり、皆さんにより広くイルカの保護をお願いしたいという思いからこの会を開くことになりました。

梅田村長 挨拶:(村長の許可を得て要約してあります)
皆さん、お忙しい中、お集まり頂きありがとうございます。
「利島ドルフィンプロジェクト」の中身や内容、あるいは取り組みについては、プロジェクトの方からご案内があると思いますが、このプロジェクトの趣旨は、イルカと観光の共存を目指して、如何にイルカにストレスを与えないようにするかと言うことで、そういった取り組み、活動を今までしてきました。
ただ、このプロジェクト、あるいはイルカの保護を取り巻く環境というのは、大変厳しくて、御蔵島でも三宅島でもずっと共同してやってきておりますけれども、他の町村から利島へ乗り入れさせてほしいとの話も、実際来ております。そこで私は、昨年9月の定例議会で、利島村の海域を全面遊泳禁止にしました。その中で例えば、学校の遠泳とか、あるいは他の村との交流事業の中で、子供たちを海で泳がせたいと言う場合など、「村が許可する」という条件をつける形で実行に移してゆきたいと思っております。
それで、その中で、私も今年3月の定例議会において、イルカの保護活動をしてきた「利島ドルフィンプロジェクト」に対しては、「イルカにストレスを与えないこと、遊泳者の安全に万全を期すことを条件に遊泳を許可する」ということを表明いたしました。ぜひ皆様、これからプロジェクトの保護活動とイルカについてのいろいろなビデオとかあろうかと思いますが、利島のイルカをいかに保護してゆくのかという視点、ぜひそのあたりをしっかり認識して頂ければと思っております。

坂野正人氏 「ビデオ&お話」:
イルカの基礎知識と、利島のイルカの歴史を、映像やイラストを示しながらお話致しました。
【イルカは哺乳類、魚じゃないよ!】*赤ちゃんの誕生~育て方、身体の説明、ソナー(超音波)の話、行動範囲などの紹介。
【イルカの仲間は80種類】 *分類の仕方や、以前利島の桟橋近くに現れたマッコウクジラやザトウクジラの話題にもふれました。
【利島のイルカの長~い歴史】*1995年にココが現れてから現在に至るまでの経緯を紹介致しました。
【なぜイルカは利島にいるの?】*イルカに聞いてみないとわからないが、餌が豊富で、子育てができる安全な場所だからではないか。利島の海は昔から島の漁師さんが魚を獲り過ぎないように大切に漁をしてきたので、イルカたちが食べる魚もたくさんある。また、イルカの一番の天敵である人間が優しいことも影響しているのではないか。などの話の後「利島のイルカを守りましょう!」のメッセージで締めくくりました。

東 治彦氏 「利島のイルカの個体紹介」
千葉県立国分高等学校で教鞭をとられておられる東氏にゲスト講師としてお話頂きました。東氏は、2010年からmixi「利島の海」の仲間と共に、利島周辺海域に棲みついているイルカをリサーチし、16頭すべての個体識別表を完成させています。個体識別の意義や個体識別の方法、個体識別リストを使って、個々のイルカの特徴を挙げながら、識別方法をお話頂きました。
また、今回は島民の方対象のお話ということで、船の上からでも背ビレの傷によって識別しやすい個体(ココやカイソウなど)を中心に、イラスト資料を参加者にお配りしご説明頂きました。個々のイルカを識別することが、イルカ保護の意識を高めることにつながっていくこと、その大切さを知ることのできる、わかりやすいお話でした。

質疑応答:
参加者からの質問の中で一番印象的だったのが、「イルカとの信頼関係をどう作っていくべきか」という質問でした。それに対し、東氏は「ルールをしっかり守ることが第一。そのためにも船長の毅然とした態度が重要になる。」と答えてくださいました。

会の後、ご出席頂いた利島村漁業協同組合組合長の梅田 寛氏より、次のような談話を頂きましたので、併せてご報告致します。

「利島近海に住むイルカについての対応ですが、組合員がドルフィンスイム事業を行なっていることもかんがみ、組合としては、イルカをいわゆる害獣駆除の対象とはせず、今後も生態系を調査し、当面見守ってゆくつもりです。」

以上が会の概要です。

今後共、皆様のご協力をお願い申し上げます。

                                                   利島ドルフィンプロジェクト


スポンサーサイト
こんにちは。

2013年3年16日(土)13:00~、
利島に於いて、利島のイルカをより知って頂くための「イルカの会」が開かれることになりました。
(詳細は下記をご参照ください)

島外からのご参加も大歓迎とのことです。
利島ドルフィンスイムファンの皆さん、以前から利島が気になっていた皆さんetc.
この機会にご一緒しませんか?

当日は、利島のイルカにも詳しい千葉県高等学校教育研究会海洋生物研究班代表の東治彦先生が駆けつけてくださり、映像やお話をしてくださいます。

参加方法:FBかtoshimadolphinproject@jcom.home.ne.jpまで、お名前とご連絡先をお知らせください。

お願い:利島までの交通機関、民宿のご予約は各自でお願い致します。

※初めて利島に行かれる方、ご不安な方は、TDPまでお気軽にお問い合わせください。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

   「利島ドルフィンプロジェクト」より、島民の皆様へのお知らせ
   『利島のイルカはどんなイルカ?!』の会 開催

この度、「利島ドルフィンプロジェクト」では、島民の皆様に「利島に棲むイルカ」について、広く知って頂くための会を催すことになりました。
大人から子供まで、イルカに興味のある人もない人も、皆様お誘い合わせの上、ぜひお集まりください。
「利島のイルカ」の映像を見るだけでもきっと楽しい気分になれますよ!

皆様もご存知のように、利島には1995年に1頭のイルカが棲みつき、子供が生まれ、住民登録されました。
そして、2009年から群れのイルカが棲みつき、現在その数は16頭になっています。
私達「利島ドルフィンプロジェクト」は、利島のイルカの保護と観光の両立を目指して活動してきました。
野性のイルカと共に泳ぐ「ドルフィンスイム」は、御蔵島の例を挙げるまでもなく、今や海に関わる観光事業としては、確固たる地位を得るまでになっています。
利島に於いても、せっかく島を訪れてくれるお客様のために、島を挙げて、「イルカたちと楽しんで頂く」体制づくりが欠かせない事態であると考えます。

「なぜ、漁の邪魔になるイルカが観光の目玉になるんだろうか?」
「イルカは頭がいいといわれているけど本当なの?」
「イルカはいったいどんな動物なの?」 etc.

皆様それぞれ、イルカについてはいろいろな疑問をお持ちだと思います。
今回の会では、イルカに詳しい方にも来て頂いて、あらゆる疑問に答えてもらう予定です。
今後、増えてくるであろう観光客に良い印象を持ってもらうことは勿論大切ですが、訪れる人が増えることによる様々なトラブルも懸念されます。
また、16頭という限られた数のイルカに対し、数多くの人間が接触するストレスをどう減らしていくかといった問題も考えなくてはなりません。
そして、せっかく利島を訪れる観光客に、イルカだけでなく島の他の魅力ももっと知ってもらう努力も必要になるでしょう。
例えば、「ドルフィンスイムの後、椿畑で椿の実を集める体験をしてみるツアー」などはどうでしょう?
様々なアイディアを出し合って、島の活性化に繋げたいと考えます。
そして、島の窓口として、観光協会の設立が是非必要ではないでしょうか?

今回企画した「イルカの会」は、せっかく棲みついたイルカたちがいなくなってしまわないよう、その保護を一番に考えながら、利島の将来を島の中で話し合っていく会にもしてゆきたいと思っています。

皆様のご参加とご協力を心からお願いいたします。

   
「利島ドルフィンプロジェクト」事務局長 藤井雅彦
   〃       運営局長 笹原史雄
       〃      アドバイザー 坂野正人

会の概要(予定)

開催日: 2013年3月16日(土) 
時 間: 13:00~15:00
会 場: 利島村 勤労福祉会館(予定) 
内 容:★ イルカはどんな動物?
    ★ 利島のイルカ16頭の紹介
    ★ 利島のイルカの映像上映
    ★ 利島におけるドルフィンスイム&ウォッチングについてのQ&A
                                など

こんにちは!

寒いですね~、利島は船が欠航したそうです

今日は、TDP公式サイト「写真ギャラリー」に作品を掲載させて頂いている
白井光夫さんも出品される 写真展「海で逢いたい」vol.17
のご案内です。

今年はマクロなお魚の写真を出品されるそうです!

東京展:2013年3月15日(金)~3月20日(木)
神戸展:2013年3月26日(火)~31日(日)
*詳細は白井さんのブログをご参照ください⇒divmitu.exblog

ブログでは、水中の様々な写真がたくさん掲載されています。
もちろん、利島のイルカたちの写真もありますよ!

ぜひぜひご覧下さいね


こんにちは!

利島でダイビングサービスとドルフィンスイム&ウォッチングを行なっている、「利島ダイビングサービス」さんのブログのご紹介です。

2月16日の水温は18.8℃、透明度は20mくらいとのこと。

イルカたちの美しい写真も掲載されています。

この時期、利島やイルカたちのことが気になり始めてきた方もいらっしゃるのでは?!
ぜひ参考にされてください!

利島ダイビングサービスさんのブログはこちら
こんにちは、坂野です。
利島で2013年1月31日、2013年度のドルフィンスイムに関する船長の集まりがあり、私も出席させてもらい、話を聞いてきました。
その報告をさせて頂きます。

出席したのは、利島ダイビングサービスの藤井雅彦氏、イルカマリンクラブ利島の笹原史雄氏、今年度からドルフィンスイム事業を始める雄成丸船長の寺田優氏、利島漁業協同組合組合長の梅田寛氏の4名でした。

IMG_0024b.jpg

今年の4月からは3隻、その後、更に1~2隻増えるかもしれないということです。

話し合われた内容は、主に、「利島ドルフィンスイム規定」の拡充という点で、利島ダイビングサービスの藤井雅彦氏より提案があり、ドルフィンスイムの期間を3月~11月の9ヶ月間にすること。
期間中は、毎日、12時~14時の間2時間は「イルカの休み時間」として全ての船のドルフィンスイムを禁止すること、この2点を規定に追加することが了承されました。
この「イルカの休み時間」を設ける規定は他に類を見ない独自のもので、現在16頭というイルカの数と、ドルフィンスイム船が増えることを考えると、大変良い規定ではないかと私は思います。

更に、安全対策の問題については、船同士の緊密な連携が必要になるという認識で一致。
今後、ドルフィンスイム時の操船方法について、船長同士で話し合っていくことを確認しました。

また、ドルフィンスイムに訪れる人たちの利島としての受け入れ態勢を充実させるため、将来的には、利島村観光協会を立ち上げる必要があるのではないかという提案があり、その実現を目指す点も確認されました。

2012年度の利島におけるドルフィンスイム客数は約700人でした。
今年度は更に増えることが予想されることもあり、より一層、利島全体でのドルフィンスイムに対する取り組みが必要となるでしょう。

利島ドルフィンプロジェクトは、昨年11月、利島へドルフィンスイムに行くお客さんの意識向上を目指すシンポジウムを東京で開催しました。(その報告がすっかり遅くなってしまっています、ゴメンナサイ)
次は、お客さんを受け入れる立場の利島の方々に、もっと利島のイルカについて知って頂くための会を計画しています。
これは、今年のシーズン前に開催することを船長さん方に了承いただきましたので準備に取り掛かりたいと思っています。
もちろん、島外からのご参加も大歓迎です。
ぜひ一緒に利島に行きましょう!

16頭のイルカに対して、ドルフィンスイム船が3隻以上というのは確かに多過ぎかもしれません。
しかし、何とか、イルカになるべくストレスを与えず、人間サイドがマナーを守りながら、より良い「利島ドルフィンスイム」をすすめていきたいと思います。

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

利島ドルフィンプロジェクトチーフアドバイザー:坂野正人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。